アメリカと日本のお葬式の違い

お葬式という儀式は世界共通のもので故人とお別れをし弔う大切な場所です。しかし、中身や雰囲気は世界中同じものはありません。国や文化、宗教によって大きく異なりさまざまです。今回は同じキリスト教でもアメリカのお葬式と日本のお葬式の違いを紹介します。もし知人、友人がアメリカの方ならば参列することもあるかもしれません。ぜひ参考にしてください。

キリスト教のお葬式は日本のお通夜にあたる亡くなった日の翌日に故人と面会をするビューイングという日が設けられています。日本でははがきやお手紙で出す死亡通知をアメリカでは亡くなったあと家族によってお葬式の日程や場所が記載された死亡広告というものが出されます。アメリカ人はこの死亡広告をチェックすることが習慣とされ、これを見てビューイングやミサに参列するそうです。日本では亡くなってからお葬式までの流れはほとんど同じですが、アメリカでは州や行政区分によってそれぞれ決められていますが、大まかな流れとしては死亡広告掲載後ビューイングを開き、翌日教会にてミサを行います。日本の厳かな雰囲気とは違い、歌を歌ったりしながら明るい雰囲気です。ミサ終了後は埋葬を行いその後、参列者を交えて会食を行います。実際に参列するときの服装は日本では黒のワンピースやスーツを着用して参列しますが、アメリカでは参列者は特に黒である必要はありません。派手な色でなければよしとされていて、フォーマル寄りの服装であれば問題はありません。むしろ仕事の帰りに立ち寄る人も多いです。親族や葬儀場の関係者は黒い服装が多いようです。日本では必ず持参する香典ですがアメリカには香典の文化はありません。その変わりにカードを添えたお花を手向けます。死亡広告の掲載にお花を受け付けませんというような記載がある場合もあるので注意が必要です。もし参列できない場合にはお花を送るサービスなどもあります。

日本のキリスト教とアメリカのキリスト教で同じキリスト教ではありますが、お葬式のスタイルは全く違います。実際に参列する際は違いを認識したうえで参列することが大切です。