お葬式の参列での持ち物のマナー

突然の訃報で告別式やお葬式に参列するときに、故人や遺族に対して無礼がないように最低限のマナーは知っておく必要があります。服装やアクセサリー、髪型などお葬式の参列にはさまざまなマナーがあります。その1つに持参物についてのマナーがあります。

参列するときに主に持参するものはバック、ハンカチ、数珠、香典袋です。バックについては色は黒が望ましいです。男性はビジネスカバン、女性はショルダーバックは避けてハンドバックが望ましいです。もしもハンドバックがなくショルダーバックを使用する際は肩から下げずに手に持ちます。ハンカチは白無地が好ましいですが黒無地のハンカチでも大丈夫です。派手な色合いや柄の入ったものは避けます。数珠はかならず必要なわけではないですが、仏教徒のお葬式では持参した方がよいでしょう。色や形は特には問いません。宗教によってきめられている場合もありますが、自分の宗派のものでも構いません。また男性は大きめの玉の数珠、女性は小さめの玉の数珠が好ましいと言われています。香典を持参するときは香典袋に入れ、さらに袱紗と呼ばれる布に包んでて持参します。もし袱紗がない場合にはハンカチで代用してもよいでしょう。香典の金額は悩ましいところではありますが、故人との関係性によって変わってきます。おおよその相場は知人、友人、職場の付き合いであれば3,000円から5,000円程度、近親者や身内では10,000円から50,000円程度です。新札、旧札どちらを包むかについては、新札はなかなか入手できない時代だったため新札を包むことが死を待っていたというような印象を与えてしまうとされ避けられていました。しかし。現代ではどちらでもよいとされていますが、今でも新札を避ける人もいてわざと新札に折り目をつけて包む人もいます。

お葬式への持参物は常日頃しようするものではないため急な訃報の際に準備が間に合わないこともあります。香典袋はコンビニなどでも手に入りますが、袱紗やハンカチなどはなかなかすぐに手に入るものではありません。ですからいざという時に焦らずに参列できるようにの1つセットとして準備しておくのがよいでしょう。